相手の返答問わずカラコンは高反応

状況が変われば似合うカラコンも変わるのが常ではないでしょうか。名案は思いつきませんが、努力することは必要だと思う。

メニューは韓国カラコンで統一されているわけではない

ネットで紹介されているカラコンにはいろんな種類が混在しています。
どこで製造されたかはあまり問わないかもしれませんが、韓国カラコンなのか、それとも日本のメーカーのものなのか、いろんな思惑が入り乱れていることでしょう。
価値観の違いもありますから、適切なカラコンを一つに絞ることは不可能ですし、全くもって意味がありません。
当サイトでは、特に拘りを持たずに、あらゆる側面からカラコンのことを載せていく所存です。

JILLといえばシャーベットカラコン

JILLといえばカラコンの中で抜群の人気を誇るのは言うまでもありませんが、3つのシリーズの中でどれが好きか?
もちろん好みが分かれるわけですが、JILLシャーベットは確かに人気ですね。
ブログでレポされてる数とか見ても確かに多いですね。
人がどれを使ってようと、自分がいいと思うカラコンを使えばいいわけですが、やっぱり友達がどれを使ってるとか、ランキングでどれが人気かとか、口コミでの評判はどうなってるのかとかは気になるところです。
そこで、自分なりに、このサイトで、ジルのシャーベットがどんなカラコンなのかをまとめてみたいと思います。
参考になるものではないですが、個人的な感想なので、あしからず。
レンズ直径14.8mmに、着色直径が14.45mmというのはレンズを潰さない状態での数値です。
これを大きく感じるかどうかも個人差があるでしょうね。私としては、大きい部類に入ると思っています。
度あり、度なしがありますが、価格が異なります。カラコンによっては、価格が一緒のもありますが、普通に考えると、度ありのほうが高くて当然かなと思ってるので、それはそれでいいかなと。私は目が悪いので度ありしか使いませんが。
カラコンが危険なんて声もありますが、それは使い方、使用頻度なども関係するでしょうし、目を酷使してたら、普通のクリアコンタクトだろうと、目には負担がかかりますからね。
でも、カラコンのほうが酸素は通りにくいでしょうから、さらに自分の目のことを意識する必要はあるとは思います。
JILLカラコンだけが危険ってことはないかなと思います。
もし、そうなら、もっと口コミでそういう声が出てきてるでしょうからね。

JILL(ジル)カラコンシャーベットの5色を順番にご紹介

前のブログでも書いたかもしれませんが、シャーベットシリーズのカラバリは5色ありますので、それを1色ずつ、装着画像も交えてご紹介していきます。
あくまで個人的な感想がメインなので、購入するかどうかの決断に影響を与えれるほどのインパクトのある内容ではないと思いますが、お許しください。
それではスタートです。
まずはブラウンから。
最初にブラウンを選んだのは、私が好きな色だからです。ただそれだけです。
ブラウンって定番色ですので、つけてる人も多いと思います。
でも14.8mmあるレンズなので、盛れるし、ナチュラルだし、まず最初に欲しい色がこれかなと思いましたので。
JILL(ジル)シャーベットブラウンの装着画像
ブラウンはこちら
次がブラックです。
黒コンってどうしても当たりはずれがあるように感じます。別にその商品が悪いとかではなく、自分に合わないってのがあります。
そんなこと言ったらどの色でもありえることですけどね。
私が言ってるのは、黒黒しくと、目が真っ黒で、宇宙人みたいになってしまうことがあるってことです。
特にレンズが大きくなるとその傾向も強くなりがちですね。
でもシャーベットの場合は、口コミでは比較的ナチュラルに盛れるってのが多い感じがします。私が見たタイミングにもよるでしょうけども。
JILL(ジル)シャーベットブラックの装着画像

ブラックはこちら
そしてグレーです。結構好きな色なんですよね。もともとグレーって好みの色なので、カラコンでつけれるなんて個人的には嬉しいことです。
イメージとしては、目がグレーというのはやっぱりハーフっぽさかな。
同じくGLAMで買えるカラコンにREVY(レヴィ)というのがあり、こっちは3トーンのハーフ系っぽいんですが、それよりナチュラルに感じるかな。
JILL(ジル)シャーベットブグレーの装着画像
グレーはこちら
そしてブルー。
他のページでも書いたかもしれませんが、私は似合わないだろうなって思ってます。
発色も良いようなので、それに合う服や髪型が思いつきません。
JILL(ジル)シャーベットブルーの装着画像
ブルーはこちら
最後は可愛いピンクです。
これは全身トータルでイメージしたいんですが、合うのを持ってないかな。
JILL(ジル)シャーベットピンクの装着画像

ピンクはこちら
以上が5色の紹介ですが、やっぱりあまり役立ちそうな内容ではないですね。すいません。
シャーベットの5色まとめた装着画像最後に、5色の装着画像、公式サイトに載ってたのを並べただけですが、人目で違いが分かるように載せてみました。

 

最後になりましたが、この章ではカラコン15mmについても、いろんな意見を紹介しておきます。
誰かがお勧めしてる、例えば読者モデルとかがそれに当てはまりますが、そういうタイプのアイテムというのは、どうも胡散臭いと思うことがある。
少し僻んだ、歪んだ考えかもしれませんが、購入した人に向かってあまり暴言を吐くようなことはしたくないですし、言われたくもありません。


致命的な失敗でなければ、ある程度のチャレンジは必要だと思ってます。カラコン15mmでどう思われてるかなんて考える必要はなくて、自分がそれでいいと思っているなら貫いてみるのもありだろう。だって若いんだから、やってみて後悔するほうがまだいいのではないだろうか。

予算が許すなら全シリーズが欲しいみんカラカラコンについて

最近も相変わらずお金があまりないんだけど、欲しいものは次から次へと出てくるよ。
前から知ってるカラコンで欲しいのもどんどん増えていく。
でもその中で圧倒的にシリーズ全体が好きなのがみんカラ カラコンなんだよね。
何がいいかっていうと、そりゃキングダムのデカさじゃないかな。日本のは小さいのが大きいのは安全のことを考えてだろうけど、自分が満足できるのがどうしても大きいのになってしまってるみたい。
感覚は今の間だけかもしれないからこそ、友達や親になんて言われようともつけたいものをつけたいんです。その考えは前から変わってないので、きっと今後もみんカラカラコンを求めるんだろうな。
危険だとか危ないとか失明するかもとか、そんな心配するくらいならつけなければいいのにって思う。
心配するとストレスにもなるから、私はひたすら楽観的にいきたいです。
みんカラカラコンが私のお気に入り